【長崎駅5分】居酒屋を営む釣り船屋!手ぶら釣り&釣った魚の料理を楽しもう


長崎駅から車で5分の港に釣り船を構える、海鮮居酒屋さんに行ってきました。
道具はすべてレンタルOK。レクチャーもあり。居酒屋さんが釣り船も運営しているので、魚も人もサービスで運んでもらえて楽々です♪

長崎旅行のついではもちろん、地元の方も非日常の遊びを気軽に楽しんでみてはいかがでしょう。

長崎駅から5分の釣り船「ワンピース」


長崎駅から車で5分。市街地の港に船を構えるのが、釣り船「ワンピース」さんです。

ワンピースさんは初心者や女性、子供も歓迎の船で、レンタル&レクチャーサービス有り。軍艦島クルーズや宴会などがセットになったオリジナルプランも多数用意されています。


船は広々としていて個室トイレや休憩スペースもあり、女性も安心して乗船できます。


レンタルできる道具は竿や針など専門的なものに加えて、事前にお願いしておけばクーラーボックスも可。釣った魚をワンピースさんが経営する居酒屋へ持ち込む場合など、レンタルのクーラーボックスに入れて、そのまま運んでいただけるのでお手軽です。

集合時間は日によりますが、このときはAM7:30。お客さんが揃い次第、出港となりました。

レクチャーしてもらって釣りスタート


1時間ほどかけて釣りスポットに着いたら、まずは船長のレクチャータイム。実際に釣ってみせながら道具の使い方なども解説してくださるので、わかりやすいです。

今回は「落とし込み」という釣り方にチャレンジ。エサも何もついていない針を、レーダーで探した小魚の群れの中に落として小魚を引っ掛け、小魚をそのままエサとして海底に落として大きな魚がかかるのを待ちます。

船長が針の付いた糸をスルスル海中に落としていくと、途中で糸がフワッと浮いたり、ぴくぴくっと動いたり。この異変が小魚のついた合図なんだそう。


そして小魚ごと海底まで糸を垂らし、「海底から1mくらいにセットするんだ。」と、軽く糸を巻き上げた瞬間、竿がグイグイッと海面へ引っ張られます。
「さっそくHITだね。」と、糸を巻き上げていくとそこには…


体の真ん中の模様と、トサカのようなヒレが特徴の「マトウダイ」が。船長としては不服な獲物らしいですが、私からするとサイズもレアさもじゅうぶんで羨ましい獲物!
張り切って自分の釣りをスタートしました。

美味しそうな魚が続々!

エサも付いていない針で小魚がかかるのかな?と最初は不安でしたが、船長がきちんとレーダーで群れを探してくれるので、針を落とすと毎回のように、元気な小魚たちが針にかかってくれました。


どんな魚がかかっているのかな?と、小魚がかかったタイミングで糸を巻いてみると、この時はなかなか立派なサイズのアジが。
この他にもサバやイワシがかかるそうで、こんな美味しそうな魚たちなら、確かに大きな魚も食べにきてくれそうと思いました。


そしてその予想通り、小魚のかかった針を垂らしてしばらく、私の竿も海中にグググッと引っ張られます。竿を持つと、なかなかの重さ。何がかかっているのかワクワクしながら糸を巻いていきました。


すると、大きなカサゴがこの通り!エサが立派なだけあって、釣れる魚はさらに立派です。

その後ものんびり、わくわくしながら糸を垂らしていると、


高級魚のキジハタ


またまた大きなカサゴ


そして立派なヒラメが釣れてくれました。


ヒラメなど、すぐに血抜きなどの処置が必要な魚は、船長が対応してくださいます。この辺りも初心者さんに優しい。

14:00頃まで釣りをして、たくさんの魚と一緒に港へ戻りました。

釣った魚を料理してくれる海鮮居酒屋「ワンピース」


釣りの後は、釣った魚と共に居酒屋さんへ移動します。(送迎サービスあり)


こちらは普段から船長(兼 店主)の釣った魚を中心に新鮮な魚介が楽しめると人気の居酒屋。店内には船長の釣った大きな魚の魚拓などが飾ってあります。

魚を渡してしばらくすると、まずは主役の2品が登場。


立派なお造りに、食欲をそそる香りの煮付けです。どちらもボリュームたっぷり&写真映えする出来上がり♪

お造りはヒラメを中心に、珍しいカサゴのお刺身。そしてキジハタは皮を付けたまま軽く湯通しされています。


まずはヒラメ。繊細だけれど甘みのある身で、食感はぷりっぷり。特にエンガワは歯を弾き返すような弾力が楽しいです。


次にカサゴ。こちらは釣りたてでも甘みがしっかりのっています。


そしてキジハタ。旨味が詰まっているといわれる皮と身の間まで丸ごと味わえ、噛む毎に甘み・旨味が滲み出してきます。


煮付けはカサゴ、キジハタのアラがたっぷり。
甘じょっぱいタレの染みこんだ白身はクセになる美味しさで、骨の隙間の身までしゃぶって食べてしまいました。

この2品でもだいぶ満足なのですが、ここでワンピースさんオススメのお料理が。


それは、先ほどの煮付けの汁と、白飯、卵、薬味でつくる「煮付けTKG」


卵をといたら好きなだけ汁を入れて、さらにかき混ぜ、贅沢に白飯へ。


仕上げに梅肉などの薬味を添えれば完成です。


甘じょっぱく濃厚な卵汁に、ほかほかのご飯。そして全体を引き締める梅肉が絶妙!
お造りと煮付けでだいぶお腹が膨らんでいましたが、その美味しさに一瞬で完食してしまいました。

さいごに

今回は長崎駅すぐの釣り船居酒屋さんで「手ぶらで釣って、その魚を居酒屋で料理してもらって食べるプラン」を体験してきました。

レンタル・レクチャーが充実しているのに加え、港⇔居酒屋間の送迎サービスなどがあって、とても手軽でした。
また長崎の海はさすがの豊かさで、大きな魚を簡単に狙えるのも満足度が高かったです。

旅行のついではもちろん、近くにお住まいの方も、ぜひ非日常の遊びとしてチャレンジしてみてください。

本プランの概要

<お勧めの時期>
1年中
<本プランでお世話になったお店>
釣り船&飲食店:ワンピース
<本プラン全体の予算目安>
・釣り:10,000円+レンタル代2,000円(プランによって上下。別途、仕掛け(針)代。)
・料理:魚種やサイズ、数量で上下します。釣る魚が決まったら電話で目安を聞きましょう。
※料金などは変更する可能性があるので、予約時に確認してください。
<本プランのスケジュール目安>
※時間は上下します。下記は1つの目安としてご覧ください。
7:30 港に集合
7:45  出港
8:45  レクチャーしてもらい、釣りスタート(各自のペースで休憩などしながら)
14:00 釣り終了
15:00 帰港
15:30 飲食店へ移動し、料理してもらう
17:00 実食
※飲食店は必ず前日までに電話で予約してください。
※混雑時は時間が前後する可能性があります。
<オススメの持ち物>
・100円均一で軍手やガーデニンググローブを買っていくと、魚や針で手を傷つけるのを防げます。親指、人差し指、中指を第一関節くらいまで切り取ると細かい作業がしやすい。更に手にフィットする薄手の手袋を中にすると、ニオイがつくのも防げます。
・100円均一で先の長いペンチなどを買っていくと、魚が針を飲み込んでしまったときなどに外しやすいです。
・★酔い止めは普段酔いにくい人も必ず飲むようにしましょう。アネロンが特にオススメです。
・タオルがあると、魚をつかんだり、汚れを拭いたりするのに便利です。貸してくれる釣り船屋さんもあるので、予約の際に確認するのがオススメです。
・★船の上で食べ物、飲み物の販売はありません。船に乗っている時間を計算し、予め購入していきましょう。
<その他>
・本プランは必ず魚が釣れることを保証するものではありません。自然が相手であることをご承知下さい。